北海道の冬において田舎道と都会道とで違いがあるのか?

冬の北海道においてはどこを走っていたとしても積雪や凍結の恐れがありますので、ドライブをするとしても大変神経を使うことになるでしょう。これは冬場に観光客としてドライブをする場合においても同様のことです。実際に北海道の冬において田舎道と都会道とで違いがあるでしょうか。

幹線道路においてはそれほど違いがないが、注意するポイントが違う

幹線道路において都会と田舎とでそれほど違いが見られるというわけではないです。ただし、交通量の少ない田舎についてはそんなにつるつるとした路面になることは無く、氷の上に雪が積もっているというような状態が多くなっています。そうは言っても、滑る可能性はありますので、急な動作については十分に気を付ける必要があります。

都会道であれば交通量がそれなりに多いですので、頻繁な除雪が行われています。そのため、積雪や凍結が路肩以外にほとんどないという状態が多いですが、路面がツルツルと滑りやすくなっていることがありますのでそこのところは十分に注意した方がいいでしょう。ただし、深夜など交通量が少なくなる場合には積雪や凍結が起こり得ますので、注意して運転をする必要があります。

一般道についてもそれほど違いがない

幹線道路と違って札幌市内においても除雪の頻度が落ちたりしますし、雪の下の氷の除去が行われないことがあります。氷の除去が行われないとまともに走れないという可能性があるでしょうから、何らかの対処が必要になります。札幌市内でそういう状況であれば、田舎になったらもっと対処がしてもらえない可能性があるでしょう。そういう道は恐ろしくて走れませんので、多少遠回りをしてでも避けることが求められます。

どういう道でも注意しないといけないのは変わらない

北海道の冬においては積雪や凍結の可能性がありますので、本州から来た人は特に注意をしないといけないです。特に急な動作についてはしないようにしてください。雪とその下の氷の除去が行われないような道路だと車で走るのは難しいと言えるでしょう。

関連する記事