北海道の道路は単調なところが多いので眠気に気を付ける

北海道でレンタカーを借りて車の運転をしていると、まっすぐな道が多く単調に感じやすいために、眠たいなあという風に思う可能性があります。居眠り運転にもなりますともしかすると自分たちの命を奪うだけでなく相手の命までも奪ってしまうということにもなりかねませんので、そこのところは十分に注意しておきたいところです。

2時間おきに休憩するように努める

北海道の道は比較的まっすぐな道が多いですので、非常に単調に感じやすいところがあります。単調な道路になりますと刺激がないために場合によっては眠たくなってしまう可能性が高くなります。そういう時に気を抜いてしまうと事故にもなりかねませんので、休憩を取りながら運転をするというのがいいでしょう。

ドライバーが複数いるのであれば2時間おきに交代しながら運転をするというのが一番いいでしょう。運転の順番が来るまでは仮眠を取るというのでもいいでしょう。数十分ぐらいの仮眠であっても気持ちよくなりますので、そういう意味では効果があります。2時間おきに道の駅やコンビニなどで休憩を取るように努めてください。都市間の距離が長いですので、どこかで休憩を取らないと疲れがたまってきます。

場合により換気をするのもいい

居眠り運転を防ぐためにも新鮮な空気と入れ替えるようにすればいいでしょう。夏場であれば暑い空気を入れて、冬場であれば冷たい空気を入れて換気をするということが気分がリフレッシュされて居眠り運転を防ぐことにもつながります。ただ運転席の窓を開ければいいだけですので、それだけでもかなりリフレッシュにもなるでしょう。その他にも眠たくなる前にカフェイン飲料やコーヒーなどを飲んでリフレッシュするという方法もあります。

適宜休憩しながらリフレッシュする

北海道の道路はまっすぐな道が多く単調に感じる事でしょう。単調な時というのは集中力がなくなり眠たくなりがちです。そういう時は休憩を取ったり、換気をしたり、カフェインを摂取したりするのがいいでしょう。

関連する記事