北海道の道路を走っている時に野生動物の飛び出しに十分注意したい

北海道の魅力と言えば大自然が残っているところが多いということがあります。ただ、大自然が残っているところというのはなかなか公共の交通機関で行くのが難しかったりします。そういう時にレンタカーを借りるというのが一番いいです。レンタカーを借りるのはいいですが、そういうところでは野生動物がいきなり飛び出してきたりもしますので、注意深く運転をしていく必要があるでしょう。

スピードを出しすぎないように注意する

野生動物が飛び出してくるような道路というのはそういう標識があったりします。そういう標識を見たのであれば、いつ動物が遭遇するのかわからないという風に警戒して、スピードを出しすぎないようにしたいところです。田舎道なのでスピードを出してしまいたいという気持ちはわからないわけではありませんが、もし飛び出したときによけきれないということもあるでしょう。動物をはねないためにも安全に泊まれるような速度で運転するようにしてください。

動物たちを驚かせない

もし動物たちが道路にいるというのであれば、あまり驚かせないように静観するというのがいいでしょう。こちらが何もしなければ襲ってくることは無いので、黙って静観して去るのを待った方がいいです。間違っても動物を威嚇するという意味でクラクションを鳴らすのは止めておきましょう。余計に車にぶつかってくる恐れが出てくるからです。

エサをやるのも止めましょう

もし野生動物を見かけた時であっても、決してエサをやるのは止めておきましょう。観光客がエサをやったことによって動物たちが道路に出てくるということを助長していますので、それは決していいことではないですし、事故の元にもなります。

野生動物の飛び出しには注意しておいたほうがいい

北海道の田舎道を走っている時には動物喉日出し注意という標識を見ることがあるでしょう。そういう標識を見た場合にはスピードを出しすぎないようにし、見かけた場合にも威嚇をせず、エサをやらないようにします。

関連する記事