北海道の雪道におけるホワイトアウト現象の運転上の注意点は

ホワイトアウト現象というのは雪道を車で走行している時に、目の前が真っ白になって視界が奪われるという現象のことを言います。そういう現象が起こっている時に車の運転をしていると事故になる可能性が高くなりますので、出来ることであれば車での運転をしないほうがいいです。しかし、運転せざるを得ない場合にどういう点に注意すればいいのかについて解説いたします。

ホワイトアウト現象とは何か?

ホワイトアウト現象とは台風並みの吹雪が吹いていて雪が舞いあがって視界が遮られる現象のことを言います。ホワイトアウト現象が起こっている時は視界が見えないということが普通にあり得ますので、どの方向にどのスピードで走っているのか、対向車が接近しているのかなどの情報が得られにくいです。

旅行者であれば運転しないのが賢明

旅行者で雪道を走り慣れていないということであれば、ホワイトアウト現象が起こっている時にレンタカーを借りて運転するというのは止めておいたほうがいいでしょう。せっかくの旅行で北海道を楽しみたいと思っていても、外に出ると身動きができない状況になりますので、外出すらしないというのがいいわけです。

いつも以上に安全に運転するべき

ホワイトアウト現象が起きている時に周りの車の存在が見えない場合は自分の車も周囲に見えない可能性がありますので、ヘッドライトやハザードランプなどで周囲に自分の車の存在を知らせてあげます。走行している時には適切な車間距離を取りながら安全に走行をするというのが基本で、前を走っていた車が停車している可能性もありますので、すぐに停車できるようなスピードで走るのがいいです。

ホワイトアウト現象の時は運転しないのがいい

ホワイトアウト現象が起こっていて一時的なものであれば、しばらく静観してやり過ごすのが一番いいです。ホワイトアウト現象が起こりそうであれば運転しないのが一番いいですが、運転する時には安全に運転することをいつも以上に心掛けましょう。

関連する記事