北海道をドライブする時にはトイレに行ける時に行っておくのが望ましい

北海道をドライブする時というのは特に田舎になるとトイレに行く機会というのが少なくなります。町と町の間がとても遠いので国道を走っていたとしても何もないということも普通にあり得る話です。コンビニや道の駅などトイレが1時間以上走ってもないということも十分にあり得ますので、トイレに行けるタイミングで行っておくのが一番望ましいです。

トイレを見つけたら行っておくのが望ましい

札幌市みたいな都会であればすぐにトイレを見つけることが可能ですのでいいですが、特に道北や道東になるとトイレがなかなか見つからないということが往々にしてあります。トイレを見つけたのであれば、そこで行っておいたほうがベストです。ずっと走って見つからないともなると、我慢の限界ということにもなりかねませんので、見つけ次第行っておくのがいいでしょう。

セイコーマートは24時間営業でないところも多い

北海道の代表的なコンビニであるセイコーマートは田舎になればなるほど24時間営業をしていないということが十分に考えられますので、夜ドライブをする時にはなおさらトイレがないという事態に陥りがちです。行ける時に行っておくという姿勢でいた方がいいです。

スノーシェルターや除雪ステーションをあらかじめ探しておくのもいい

北海道に限ったことではありませんが、豪雪地帯に特有の施設としてスノーシェルターや除雪ステーションという施設があります。前者は覆道トンネルで、そのまま車が止められる待機所として使えて、24時間利用できるトイレや電話、どうろじょうほうばんなどがせっちされています。後者は除雪における拠点となる場所で、駐車場や24時間利用できるトイレ、道路情報などがあります。両方とも田舎にもありますので、どこにあるのかをあらかじめ調べておくのがいいでしょう。

トイレはお早めに

北海道をドライブする時には何もないところもあるでしょうから、トイレを見つけ次第行っておくのが一番いいです。特に夜になるとトイレがさらに限られる可能性があります。

関連する記事